オーガニックコスメ

安心できるオーガニックコスメの選び方

オーガニックコスメはどれも肌によいというイメージがありませんか。
オーガニック化コスメには肌に優しいものが多くありますが、どれもが肌によいわけではありません。
選び方に注意が必要です。

 

日本の場合、オーガニックコスメの認証制度がありません。
1%でもオーガニック成分が含まれていればオーガニックコスメといえます。
たった1%しか使用されず、残りは合成成分やパラベンやアルコールなど肌に
負担をかけるものでできている化粧品は、オーガニックと謳っていても肌に優しくありません。

 

ヨーロッパはオーガニックコスメの基準が作られています。
エコサート、コスメビオなどがあります。
これらは石油由来成分の排除、動物由来成分の排除、
植物原料の内70〜90%がオーガニック成分など決められています。

オーガニック乳液

購入するときは認証マークを確かめましょう。
海外の認証マークを取得するにはコストがかかるため、
日本製品はメーカーが独自に基準を作っていることがあります。

 

ホームページなどで確認してみてください。
オーガニック成分を使っていても、どのような栽培方法か、
抽出方法なのかによって肌への影響が違います。

 

栽培方法にはダイナミック農法など、ただオーガニックなだけでなく
自然の運行に合わせた方法があります。
薬剤で抽出した成分はキャリーオーバーで製品にも薬剤が混入している可能性があります。

 

栽培方法にも気を配り、薬剤を使わず昔ながらの圧搾法などで抽出している
オーガニックコスメが安心できます。

オーガニックコスメってそもそも何?

世間でよく耳にする「オーガニックコスメ」という言葉がありますが、
「そもそもオーガニックコスメってなんなの?」と思っている人も多いのではないのでしょうか?

 

オーガニックコスメというのは化学的・人工的に作られた成分を一切使用しないかしていたとしても
ごく少量しか使用せずにその成分の全て及び大半を自然から生まれた成分を利用して
配合した化粧品のことを指す化粧品のことです。

 

その化粧品は化学成分をほとんど使用しないことから通常の化粧品と比較して低刺激で
アトピーなどの皮膚病患者や敏感肌の人でも大きな副作用を起こさずに
利用することが出来るという利点から主にスキンケアを目的とした化粧品であることが多いです。

オーガニックコットン


但し、このオーガニックコスメには上述の文章を読んでいるといいとこ取りでデメリットは
一切ないように思えますが多少のデメリットがあります。

 

それは、オーガニックコスメは使用期限が通常の化粧品と比較すると短めに設定されていることです。
化学物質がほとんど含まれていないということは品質を長期間保つ効果のある保存料なども
配合されていないこともあるということであり、そういった化粧品はどうしても保存料といった
品質を保つ効果のある成分入りの化粧品と比べると品質が落ちるのは早くなってしまいます。

 

なので、オーガニックコスメを使用する際には極力早めに使い切ってしまうことや、
丁寧に保存しておくということが他の化粧品以上に求められるといえます。